古民家賃貸とは 田舎暮らし賃貸とは 格安物件とは

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸(購入)は退職後と決めつけている御仁が多い中ではあるが、もう少し先々を見つめて東京勤務の場合には東京近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島や千葉県南房総であれば、今すぐにでも購入(賃貸)した方が良いと思う。何故なら、東京近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島や千葉県南房総であれば、仕事で東京への通勤などは屁の河童だし、レジャーだって東京からわざわざ出かけなくても、自宅の周辺がレジャーランドの様なものだから、家族のレジャー費用の大節約が出来る。

「スポンサーリンク」




古民家賃貸物件近くの九十九里浜 古民家賃貸物件近くのヒマワリ畑 古民家賃貸物件に咲く花 古民家賃貸物件近くに咲く山ユリ 古民家賃貸物件に咲く花 古民家賃貸物件に咲く花


東京都奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県三浦半島、埼玉、山梨県の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸よ永遠に!!。 『古民家は賃貸したら長持ちするよ~!、田舎暮らし格安物件の古民家は格安で賃貸したってメリットがあるよ~!』!!・・・


2013年5月8日水曜日

古民家を購入?それとも賃貸?

田舎暮らしで格好を付けるのであれば、古民家が必要となる。
古民家で無くとも、立派な田舎暮らしが出来るのだが、どうしても古民家でと言うのであれば、せめて賃貸にして欲しい。
お金が有り余っての田舎暮らしなら、古民家の購入でも構わないのであるが、お金が無く、節約しながらの田舎暮らしをするのであれば、賃貸にするべきである。
バラ色の田舎暮らしを夢見て、いざ田舎に住んではみたものの、村の付合いとか風習とか、村の寄合とか共同作業などにどうしても馴染めず、再度都会生活に戻りたい時の事を考えるのであれば、絶対に購入よりも賃貸である。
古民家での田舎暮らしは購入よりも賃貸の方が無難です。
本当は、古民家などで格好を付けるより、格安の中古住宅でも賃貸して、じっくり田舎の様子を伺う方が、賢い田舎暮らし入門方法だと思う。
田舎暮らしは古民家に拘らないで、田舎の唯の中古住宅の賃貸で始めよう。