古民家賃貸とは 田舎暮らし賃貸とは 格安物件とは

田舎暮らし格安物件の古民家賃貸(購入)は退職後と決めつけている御仁が多い中ではあるが、もう少し先々を見つめて東京勤務の場合には東京近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島や千葉県南房総であれば、今すぐにでも購入(賃貸)した方が良いと思う。何故なら、東京近郊の奥多摩町や神奈川県三浦半島や千葉県南房総であれば、仕事で東京への通勤などは屁の河童だし、レジャーだって東京からわざわざ出かけなくても、自宅の周辺がレジャーランドの様なものだから、家族のレジャー費用の大節約が出来る。

「スポンサーリンク」




古民家賃貸物件近くの九十九里浜 古民家賃貸物件近くのヒマワリ畑 古民家賃貸物件に咲く花 古民家賃貸物件近くに咲く山ユリ 古民家賃貸物件に咲く花 古民家賃貸物件に咲く花


東京都奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県三浦半島、埼玉、山梨県の田舎暮らし格安物件の古民家賃貸よ永遠に!!。 『古民家は賃貸したら長持ちするよ~!、田舎暮らし格安物件の古民家は格安で賃貸したってメリットがあるよ~!』!!・・・


2017年2月27日月曜日

古民家で田舎暮らしをする前に格安物件の山林(竹林)を賃貸で借りて田舎暮らし入門

田舎暮らしは千葉・埼玉・山梨・神名川・群馬・茨城県の山林(竹林)賃貸から始めてみよう

田舎暮らしを開始するにあたり、田舎暮らし物件の購入か田舎の古民家などの賃貸で始めようとしていませんか。
田舎暮らし物件を購入してしまえば、想定外の出来事だらけの田舎暮らしとなった場合でも、おいそれと引っ越す事が出来ず、精神的に参ってしまうかもしれません。
田舎の古民家などの賃貸なら、想定外のいやな出来事があれば、すぐに引っ越す事が可能だけど、同じ様な事を度々やっていると、引っ越し貧乏になりかねない。
田舎暮らしをスムーズに開始したいなら、運動会の予行演習みたいに、一度格安費用で田舎暮らしとはどの様なものかを、サバイバル的に体験する必要があります。
たとえば、田舎の山奥の山林か竹林を格安の賃貸で借りて、テントや車中泊で1~2年ほどアウトドアのキャンプ生活をやってみれば、実際に田舎の村の古民家などで田舎暮らしをやらなくても、田舎暮らしを体験している様な気分が味わえます。
田舎一人暮らしを目指している場合などは、田舎の山奥の山林か竹林を格安の賃貸で借りて、テントや車中泊でアウトドアのキャンプ生活をやっていると、一日中人と会わない事もあるし、わずらわしい人付き合いも発生しないので、田舎の村の古民家などで暮らすよりも、むしろ山林や竹林の環境の方が気に入り、このままずっとこの気楽なアウトドアのキャンプ生活を続けたいと思う様になります。
家族では不可能と思える、山林や竹林でのテントや車中泊のアウトドアのキャンプ生活ですが、田舎一人暮らしであれば、高額な古民家を購入したり賃貸で借りたりしなくても良いので、高齢者で少額な年金生活であっても、身の周りだけはリッチな生活が可能となります。
その上、自分がそうなのですが、アウトドアのキャンプ生活をやっている周囲の山林や竹林を開墾して、無農薬で有機栽培の家庭菜園を始めれば、身体は一日中動かすし、家庭菜園の作物を害虫から守る事や、上手に栽培する方法などをしょっちゅう考えるので、身体は軽くなるし、頭脳も明晰となり、いつの間にか生活習慣病や病院通いから縁が切れていました。
ですから、こんな病院も無い山奥で「万一病気にでもなったら」という不安はありません。ただ、怪我だけはしないように、動作には常時気を使っています。
もう一つ、虫歯にならないように気を付けています。
あとは、とかくこういう生き方をしていると、周囲からはかなり訝しい目で見られます。
したがって、女性に捨てられた様な状況にしばしば陥りますが、その辺は気力でカバーして日々平然と生きるしかありません。
ところが、世の中良くできているもので、昔からの諺通り、「捨てる者あれば、拾う者あり」で、最近とても良い女性と知り合う事が出来ました。
こんな具合ですから、決して皆様に自分の生き方を押し付ける様な事はしたくないのですが、万一、今この時にも、田舎暮らしをしたいけど、やっぱり無理だなあっと諦めたり、でも一生に一度は田舎暮らしをやってみたいなあ、などと心がぐらついている場合には、これも昔からの諺ですが、「今からでも遅くはない」を思い起こしていただき、山林や竹林でのテントや車中泊のアウトドアのキャンプ生活に挑戦してみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿